guides学会からの案内

新学術「レゾナンスバイオ」科研費公募のご案内
2017.09.27

平成27年度に発足いたしました科研費 新学術領域研究
「レゾナンスバイオ:共鳴誘導で革新するバイオイメージング」
の平成30年度公募班公募情報をご案内させて頂きます。

当該領域では、分子と光の間の相互作用(共鳴)を究めるバイオイメージング技術開発を進めています。プローブ色素と光学顕微鏡に加え、それらと上手く調和するソフトウェア・アルゴリズムを開発しています。

バイオイメージングに関する幅広い研究開発提案を歓迎します。

【公募情報】
科研費区分: 新学術領域研究(研究領域提案型)の「継続の研究領域(公募研究)」

領域名称: 共鳴誘導で革新するバイオイメージング
領域略称: レゾナンスバイオ
領域番号: 3704
設定期間: 平成 27 年度~平成 31 年度
領域代表者: 宮脇 敦史 (理化学研究所)
公募URL: https://reso.m.ehime-u.ac.jp/page-816

◆研究項目
A01 分子のデザイン
A02 光のコントロール
A03 画像処理ソフトウェア
※A01,A02は、応募上限額: 500万円/年、採択目安13件
※A03は、応募上限額: 250万円/年、採択目安8件

平成30年度科研費公募要領の58ページ目(PDFファイルの67ページ目)
*画像処理・パターン認識・画像化の応募内容について、学術的に審査できる体制
(専門委員会)を整える予定です。

【領域情報(敬称略)】
名称: 共鳴誘導で革新するバイオイメージング (レゾナンスバイオ)
領域HP: http://reso.m.ehime-u.ac.jp

<領域代表者>
宮脇 敦史 (理研)
バイオイメージング: 色素・プローブ・蛍光タンパク・FRET等
http://www.brain.riken.jp/jp/faculty/details/30

<計画班>
今村 健志 (愛媛大)
バイオイメージング: がん転移・蛍光・化学解析等
http://www.m.ehime-u.ac.jp/school/imaging/about.html

松田 道行 (京大)
バイオセンサー: FRET・細胞間コミュニケーション等
http://www.fret.lif.kyoto-u.ac.jp

根本 知己 (北大)
生物物理学: ベクトルレーザー光・多格子顕微鏡等
http://www.es.hokudai.ac.jp/labo/mcb

曽我 公平 (理科大)
材料工学: 近赤外・光るナノ粒子等
http://sogalabo.jp/jp

神谷 真子 (東大)
生化学: 超解像・プローブ等

横田 秀夫 (理研)
情報・精密工学: 画像処理システム・画像取得装置等
http://www.riken.jp/brict