第27回 日本バイオイメージング学会学術集会

【運営事務局】
第27回日本バイオイメージング学会学術集会事務局
〒305-8566
茨城県つくば市東1-1-1
産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門 加藤薫方
TEL:029-861-5555
FAX:029-861-6407
E-mail:
bioimage2018@aist.go.jp

企業展示

展示会期

2018年9月3日(月)〜4日(火)

展示会場

産業技術総合研究所 つくばセンター 共用講堂 ホワイエ

合同セミナー

日時:2018年9月3日(月)12:00~13:20
場所:産業技術総合研究所 つくばセンター 共用講堂 中会議室
8時15分から、受付付近で、先着80名に、弁当の引換券をお渡しします(無料聴講者は対象外です)。

出展企業

アートレイ株式会社株式会社アートレイ 弊社は、産業用カメラを開発、製造しているカメラメーカーです。本展示会では、近赤外線領域(900~1700nmおよび1000~2500nm)に感度を有する近赤外線対応カメラをご紹介致します。産業用途では異物検査、水分検査や非破壊検査などで採用されております。現在、可視カメラでは対応できない検査、研究用途として様々な分野で注目されています。 企業への
メールはこちら
アンドール・テクノロジーLtdアンドール・テクノロジー
Ltd
Andor Technologyはバイオイメージング学会にてハイスピード共焦点イメージングプラットフォームのDragonflyを展示します。当社のDragonflyは、パテントを取得した照明技術と最適化された光学設計で低ノイズ・広いダイナミックレンジ・高解像度・高感度の画質を実現しました。共焦点・広域イメージングに使用されるBorealis Perfect Illumination Deliveryシステムは、優れた安定性・均一性を提供し、スペクトル領域は自家蛍光をほぼ回避可能なNIR(近赤外線)領域まで達しています。 企業への
メールはこちら
浜松ホトニクス株式会社浜松ホトニクス
株式会社
浜松ホトニクスは、定量性を求められる最先端のバイオイメージングに必要不可欠な機器をご紹介します。本展示会では、高感度・高速・広視野を備えた科学計測用CMOSカメラと超解像性能を実現したイメージスプリッティング光学系を展示します。光学系に新機能の焦点深度伸長デバイスを追加することで、一度の画像取得でより多くの観察対象の検出が可能になります。イメージングに関するご相談等ございましたら、お気軽にお立ち寄り下さい。 企業への
メールはこちら
株式会社ビジコムジャパン株式会社ビジコムジャパン 今回ご紹介いたしますSIRION BIOTECH社はウイルスのエキスパート企業として、カスタムおよび既製のレンチウイルス、アデノウィルスおよびアデノ随伴ウイルス(AAV)を提供しております。今回は、PEGに代わるポリサルコシンをはじめとする機能性ポリマーの合成を得意とするIris Biotech社もご紹介させていただきますのでぜひお立ち寄りください。 企業への
メールはこちら
東京化成工業株式会社 企業への
メールはこちら
横河電機株式会社横河電機株式会社 横河電機は、新製品の超解像共焦点スキャナ「CSU-W1 SoRa」を出展いたします。CSU-W1 SoRaでは、スピニングディスク共焦点をベースにした超解像技術によって、光学的な分解能を約1.4倍に向上しました。また、高速リアルタイムイメージングを、退色や光毒性を抑えたまま行うことが可能なため、CSU-W1 SoRaは超解像ライブセルイメージングに最適です。 企業への
メールはこちら
株式会社ナノシード 企業への
メールはこちら
ケイエルブイ株式会社 企業への
メールはこちら
東陽テクニカ 企業への
メールはこちら
コーンズテクノロジー株式会社コーンズテクノロジー
株式会社
コーンズテクノロジーは2014年ノーベル化学賞を共同受賞したStephan W Hell博士らが設立したAbberior Instruments社の新製品 タイムゲート共焦点顕微鏡EPYCON、gated STED超解像顕微鏡 EPYCON STED(STEDYCON)をカタログ展示・デモ機展示します。タイムゲートにより自家蛍光をシャットアウト。解像度のバーをスライドさせるだけで30-300nmの任意の解像度を実現するeasySTED。演算処理なしに従来比100倍の空間分解能を実現した最新のSTED顕微鏡をお届けします。 企業への
メールはこちら
生体分子計測研究所生体分子計測研究所 生体分子計測研究所の高速AFM「NanoExplorer」は、従来型AFMでは不可能だった最速1フレーム0.05秒の溶液中の動画観察が可能なAFMです。DNAや分子モーター、膜タンパク質などの一分子観察から、バクテリアや真核細胞の表面詳細観察まで様々なスケールのサンプルに広く対応し、ナノスケールのダイナミックな変化をリアルタイムに動画で可視化します。 企業への
メールはこちら
東レリサーチセンター 企業への
メールはこちら

【運営事務局】
第27回日本バイオイメージング学会学術集会事務局
〒305-8566
茨城県つくば市東1-1-1
産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門 加藤薫方
TEL:029-861-5555
FAX:029-861-6407
E-mail:
bioimage2018@aist.go.jp